大道芸通信 第353号

ヨゲンノトリ(予言の鳥) つづき 今号の挿絵は先月と同じものである。詳細については先月号に譲る。先月は右面(頁)を読んだが、今月は左面(頁)を読む。先月に引き続き佐藤文幸師の読みと解釈である。 又云(う)。世上あまりおごりニ長じ、上下共ニ右の事ヲわすれ、只麗成迄(なるまで)ニ身ヲかた向(け)上たる人ハ下ヲあわれむなく下ハ只…
コメント:0

続きを読むread more

大道芸通信 第352号

ヨゲンノトリ(予言の鳥)  新型コロナ以来アマビエが流行っているが、山梨県立博物館が所蔵する『暴瀉病(ぼうしやびよう)流行日記』にはコレラ除けの呪い(まじな )を載す。市(いち)川(がわ)村(むら)(現山梨市)名主・喜左衛門(きざえもん)が顕した同書は、安政五年(1858)八月初頭の記事に、頭が二つある鳥の絵が描かれてある。同時に…
コメント:0

続きを読むread more

大道芸通信 第351号

疫 神 を 送 る 今月七日までで終わるはずであった新型コロナ対策として発令された緊急事態宣言であったが、案の定来月七日まで一ヶ月延長されることになった。先月宣言発令するにあたり「一ヶ月後には必ず収束させる」と大見得を切ったが、政府として行ったことは、国民に対する外出自粛と飲食店の営業時間短縮だけである。一方自分たちは、飲み食…
コメント:0

続きを読むread more

大道芸通信 第350号

肥後(熊本)の海中に アマビエ現る 年は改まっても愈々コロナは蔓延し収まる気配は見えない そのため藩政時代同様 昨年は「アマビエ」がもてはや された 元々熊本にしかいなかったのであるが 新型コロ ナのお蔭で忽ち全国版になった 京都大学附属図書館所 蔵の左記瓦版によると 弘化三年(1846)に熊本の海中に現 れた時のものという 曰く…
コメント:0

続きを読むread more

大道芸通信 第349号

『熈代勝覧』が載せる生業⑫ 第341号で「室町一丁目北側」の半分まで進んだが、未だ同じくらい残っている。続きをご覧じろ。 ●金山寺味噌売り 鎌倉時代に宋で修行した禅僧・心地覚心(法燈国師)によって日本へもたらされたとされる。同師は宋での修行時代、浙江省杭州にあった能仁興聖万寿禅寺(通称徑山寺(きんざんじ))で作られていた嘗…
コメント:0

続きを読むread more