大道芸通信第337号

『奇態流行史』が載せる大道芸  右書は廃姓(宮武)外骨の著作だが、好奇心旺盛な著者らしく面白いものが沢山ある。その中からこれ迄本紙に載せてない物を中心に紹介する。 与次郎兵衛の釣合人形 長き竹棒の端に大豆を刺して重心を保つ豆人形。これを一に釣合人形とも云ふが、正徳享保(1711~35)頃の筆写『英一蝶画譜』には、「与次郎売」…
コメント:0

続きを読むread more